今更ですが、なにか?

2010/07/11 22:38 に 牧野直哉 が投稿

物品調達で「競り下げ」導入=コスト削減狙う-政府

時事通信-‎2010年7月5日‎-日本経済新聞
 
これは、日本の調達・購買の後進性を示す記事。
 
これって、要はリバースオークションでしょう?
それを、今更「競り下げ」なんて言い換えて使っている。
そして、まず手をつけるのが文房具と言ったオフィスサプライ品。
 
大きな問題は、政府・行政機関に買いの専門家・プロが居ないこと。
調達省といったプロフェッショナルな集団が居ないから、こういう問題が
おきる。実際にあったら、巨大な利権集団となるだろう。なので、各省庁に
分かれて「調達庁」を置いてもいい。
 
公共調達で問題になる「随意契約」。
 
これも偏に、買う側にサプライヤーを見極める能力が無いために、実績を
ベースにした繰り返し発注を行うもの。
 
調達のプロが求められている、と判断するのは早いかな。
活躍の場面は五万とあるはず。
Comments