これは尊い取り組み!

2010/04/12 14:28 に 牧野直哉 が投稿


私の経験では、コストダウンは調達・資材部門の専任事項がごとく言われて、何か釈然としない想いを抱いたことがある。コストダウンとは、その発生源がすべて取り組む必要があるわけで、どんな会社であってもすべての社員が少しずつやるべきもの。そういった活動を具現化しているこの取り組みは尊い!ITの導入にしてもハードへ固執してしまって、どう使うかが抜け落ちている。

コストの発生源は全社員!とすれば、この取り組みはまさに正解なのである。

Comments