共同調達推進の一つの理想的な形

2010/05/05 13:15 に 牧野直哉 が投稿

トヨタ、共同調達拡大 ミサワ出資27.8%に上げ

日本経済新聞 - ‎2010年4月28日‎
トヨタはミサワに役員を派遣するなど協力関係にあり、業務面でも資材の共同調達などを実施している。今後、資本関係の強化に合わせて、業務提携も拡大する。共同調達比率は現在の4割から11年度には6割に引き上げ、コストを削減。ツーバイフォー工法の住宅でも協業の検討 ...

共同調達・購買を進める上で、いきなり異法人間で、ただ一緒になるだけでボリュームが増えて安くなるといった幻想で取り組まれることが多い中、このような取り組みは一つの正しい形を示している。結局、企業としての成り立ちをはじめとした様々な違いが、共同調達・購買を推進する上で大きな阻害要因となる。いうなれば、企業の存在意義の根幹がイコール共同調達・購買が進まない理由の一つなのである。こういう報道を見ると、やっぱりトヨタってわかっているなぁ~と思わざるをえないのである。
Comments